フレッシュアイセラムの栄養成分と働き

年齢とともに、若々しさが失われていく「顔」の印象を、「目もと」から変えてくれるフレッシュアイセラム。世界初のカプセル型のため、使うたびに新鮮な成分が溶けだしてくることも魅力的です。

今回は、そんなフレッシュアイセラムの栄養成分・美容成分をご紹介していきます。とくに、フレッシュアイセラムのブランド「フィトリフト」独自の成分、フィト発酵エキス・パントエア菌LPSを中心に解説します。

肌にうるおいとハリをもたらす成分の一つ一つをご覧ください。

フレッシュアイセラムの栄養成分「フィト発酵エキス・パントエア菌LPS」

フレッシュアイセラムをほかのアイセラムと一味違うものとしている成分が、このフィト発酵エキスです。パントエア菌の働きを利用しているため、パントエア菌LPSもしくは肌免疫LPSとも呼ばれています。

パントエア菌LPSは、肌の生まれ変わりに着目した成分です。プラセンタ以上のエイジングケア成分として、現在注目を集めています。東京大学の名誉教授が長年研究したきた成果をふんだんに取り入れているため、信頼性もバッチリです!

パントエア菌LPSが、お肌にハリを与える要因として、下記の5つのポイントがあります。

1.美肌環境
2.ハリ、弾力
3.ターンオーバー
4.高保湿
5.活力アップ

1.美肌環境を整える

パントエア菌LPSは、話題のプラセンタ同様、肌の成長因子や各種アミノ酸を含んだ美肌の栄養源です。しかも、お肌の環境を活性化させる力がプラセンタのなんと2倍!プラセンタ自体が各種アミノ酸など肌の栄養源として優秀であるのに、その倍の働きをする驚くべき成分です。

2.ハリ・弾力

パントエア菌LPSには、すぐに乱れがちな肌環境を活性化させてくれる働きが存在します。

肌環境が乱れると、老廃物がたまり、新陳代謝もにぶくなりがちです。パントエア菌LPSの働きにより、線維芽細胞やマクロファージなとの働きが活発となると、肌の成長因子の活動がいきいきとしてきます。

その結果、コラーゲンやヒアルロン酸といった、肌に欠かせない成分の働きがサポートされます。これが、肌のハリや弾力へと繋がり、若々しい肌へと導いてくれるのです。

3.肌のターンオーバー

人間の細胞は、日々生まれ変わっていることは知っている人も多いですよね!お肌も同じで、20代の女性ではだいたい28日で肌がターンオーバーしているといわれています。

しかし、年齢とともにこのターンオーバーの周期は長くなっていってしまいます。30代で約40日、40代では約50日。50代に入ると、肌のターンオーバーにかかる日数は2ヶ月を超えるといわれています。肌が年齢とともに衰えを感じることも、不思議はないのです。

パントエア菌LPSは、もともとこの肌のターンオーバーに着目することで、生み出された成分です。パントエア菌LPSにより、肌の成長因子が活性化されると、このターンオーバーも促進されます。したがって、肌もよりわかわかしく、みずみずしくなっていく、という仕組みです。

4.高保湿

うるおいのあるお肌に欠かせないのが、水分を保つ保湿力です、パントエア菌LPSは、肌の内側と外側から保湿を高いレベルで保つことにアプローチします。

パントエア菌LPSは、皮脂となじみやすい親油性と、水になじみやすい親水性の2つの特性を持っています。

そのため、水分が肌へと浸透していくのをやさしくサポートし、肌のなかにある水分が外に逃げ出さないよう、油の膜でしっかりと保湿してくれます。

乾燥は、角質層のハリ不足、汚れによるくすみの大きな原因の一つ。パントエア菌LPSは、その高い保湿力で、肌を乾燥から守ってくれるのです。

5.活力アップ

パントエア菌LPSは、お肌に浸透していくことで、肌環境を活性化させ、お肌を内側から活力アップしてくれます。

そのため、お肌はバリア機能を取り戻し、外側からのトラブル因子に負けない、強さをもった肌へと作り替えてくれます。

このように、パントエア菌LPSは、お肌を内側から元気にしていくことで、うるおいをもった若々しい肌へと導いてくれるのです。

フレッシュアイセラムの栄養成分「ハロキシル」

ハロキシルは、目もとのケアに特化した成分として、多くのアイケア化粧品にも配合されている成分です。水分やアミノ酸から構成されており、目もとへとベストにアプローチされるよう配合されています。

ハロキシルは、目もとの黒ずみの原因となる、血液からの色素沈着へと働きかけてくれます。これは、ハロキシルを構成している原料のなかに、肌の血行を促進したり細胞を活性化させる成分が含まれているため。

目もとの黒ずみは、顔全体の印象を老けた印象としてしまいます。この黒ずみの解消のため、ハロキシルが配合されています。

フレッシュアイセラムの栄養成分「アイセリル」

アイセリルも、ハロキシル同様にアミノ酸を由来としたアイケア成分です。

年齢を重ねてくると、「目もとの肌がたるんできたな~」と感じたことはありませんか?これは、目の下の肌に、水分や脂肪といった余計なものが貯まってしまうことに原因があります。

アイセリルは、局所の血行を改善することにより、リンパ循環の不良などで貯まってしまった水分の蓄積を解消してくれる働きがあります。「塗るボトックス」とも呼べる働きですね!

フレッシュアイセラムの栄養成分「センチフォリアバラ花エキス」

センチフォリアバラ花エキスは、セイヨウバラの花から抽出される、植物由来のエキスです。

センチフォリアバラ花エキスの魅力は、活性酵素や紫外線といった、お肌へダメージを与える物質から、お肌を守ってくれること。また、くすみのない肌へと働きかけてくれるメリットもあります。

美しい肌を保つためにアプローチしてくれるセンチフォリアバラ花エキス。アロマテラピーに用いられるほど香りもよいため、塗った後もとてもさわやかにしてくれます。

フレッシュアイセラムの栄養成分「ダイズエキス」

豆腐や納豆など、食生活にも欠かせない大豆。大豆には「イソフラボン」という成分が含まれており、女性ホルモンと似たような働きをすることで知られています。

フレッシュアイセラムには、この大豆から抽出したダイズエキスを配合。年齢とともに失われていく女性ホルモンを補うようにして働くダイズエキスは、女性のお肌をふっくらとしたものへとアプローチします。

フレッシュアイセラムの栄養成分「ヒアルロン酸・グリセリン」

独自のフィト発酵エキス・パントエア菌LPSなどに加え、フレッシュアイセラムには、十分な保湿成分も含まれています。

それが、ヒアルロン酸とグリセリンです。ヒアルロン酸は抜群の保水力で肌を乾燥から守ってくれる成分です。フレッシュアイセラムはこのヒアルロン酸を配合することで、角層をうるおいあるものへと変えてくれます。

グリセリンは古くから使われている保湿成分です。肌の上に薄い膜を作ってくれることで、肌から水分が逃げていくことを軽減し、肌にうるおいとしっとりとした食感を与えてくれるのです。

フレッシュアイセラムのカプセルの成分「カンテン、シリカなど」

フレッシュアイセラムは、カプセル型をしているため、使用する直前まで美容成分を閉じ込め、フレッシュな状態で肌へと届けてくれます。

フィトリフトでは、この「カプセル」の成分にもこだわっています。カンテンやカラギーナンなどの海藻由来成分、また、天然鉱物由来のシリカ、マイカ、酸化チタンを使用することで、お肌にやさしい構成をしているのです。

他社カプセル型美容液と比較しても、合成成分を使用しておらず、その成分は肌になじむものです。さらにアレルギー・パッチテスト済みで安心。カプセルにまで、フィトリフトの利用者を重視する考え方が反映しています。